千葉市で建築家と建てる高性能な注文住宅
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

注文住宅|断熱性能による室温・光熱費の違いは?千葉市緑区の基準も解説

家づくりノウハウ
公開日:2023.06.30
最終更新日:2024.01.16
大金興業株式会社×R+house千葉若葉・緑の家づくり写真
大金興業株式会社×R+house千葉若葉・緑の家づくり写真
家づくりノウハウ
公開日:2023.06.30
最終更新日:2024.01.16

注文住宅|断熱性能による室温・光熱費の違いは?千葉市緑区の基準も解説

断熱材が付いた家の夏と冬のイメージ(文字なし)
注文住宅を建てる際に重要となる断熱性能。しかし、高断熱とは具体的にどのような状態を指すのか、そしてどのような効果があるのか、くわしく知らない方も多いでしょう。今回は千葉市(緑区・若葉区)・市原市においてどの程度の断熱性能が求められているのか、また、断熱性能により室温・光熱費にどのくらい差が出るのかについて解説します。断熱性能についてくわしく知りたい方、千葉市緑区周辺エリアで注文住宅を検討している方は参考にしてください。

目 次

UA値とは

C値・UA値・Q値?
UA値とは、熱が家の表面からどの程度逃げているのかを表す値です。値が小さいほど断熱性が高く、大きいほど断熱性が低いことを意味しています。ハウスメーカーや工務店ではUA値を下げるためにさまざまな工夫を行っています。

断熱性の高い家を建てる際に知っておきたいのが、地域区分です。地域区分とは、気候により日本を8つに区分けしたもの。UA値は区分ごとに基準値が決められており、1地域・2地域に分類される北海道では、ほかと比べてより高い値を満たすことが求められています。

知っておきたい3つの断熱基準

エコ住宅
注文住宅の断熱性能を考える上で知っておきたいのが、省エネ基準・ZEH基準・HEAT20による基準の3つです。それぞれの基準について見ていきましょう。

省エネ基準とは

国が2016年に定めた省エネ性能に関する基準です。指標となるのは「外皮性能」と「一次エネルギー消費量」。このうち「外皮性能」の評価に関係してくるのがUA値です。省エネ基準における地域区分ごとの基準UA値は、以下のようになっています。

省エネ基準

省エネ基準 UA値
8地域に分類される沖縄県には、UA値の設定がありません。

ZEH基準とは

ZEH(net Zero Energy House)住宅とは、年間のエネルギー収支がゼロ以下になる家のこと。「断熱」「省エネ」「創エネ」の3つが重要な要素です。

ZEH基準

地域区分別のZEH基準のUA値 表
ZEH基準では、1地域~7地域において省エネ基準よりも厳しいUA値が設定されています。

HEAT20の基準

HEAT20とは「一般社団法人 20年先を見据えた日本の高断熱住宅研究会」の略称です。省エネ化を図るために、長期的な視点から健康・快適な住宅の普及を目指しています。HEAT20が定める基準を見ていきましょう。

HEAT20の基準

HEAT20基準のUA値 表
ZEH基準より厳しいだけでなく、グレード分けしているのが大きな特徴です。

千葉市(緑区・若葉区)・市原市の地域区分と基準UA値

千葉県と市町村地図
誉田・おゆみ野を含む千葉市緑区、みつわ台・桜木を含む千葉市若葉区、ちはら台を含む市原市は、6地域に該当します。6地域における基準UA値を、わかりやすく一覧にまとめました。

6地域の基準UA値

省エネ基準 0.87
ZEH基準 0.60
HEAT20 G1レベル 0.56
HEAT20 G2レベル 0.46
HEAT20 G3レベル 0.26

北海道のように厳しい基準ではありませんが、ある程度のUA値が必要です。

室温・光熱費はUA値によってここまで違う!

電気・ガス・水道の光熱費
高断熱の家は、そうでない家と比べて室温・光熱費に大きな差が出ます。6地域における省エネ基準を満たす家、HEAT20の基準を満たす家の違いを表にまとめました。

室温の違い

まずは、HEAT20が公開している各基準における暖房期最低室温から見てみましょう。

6地域における暖房期最低室温

暖房期最低室温
断熱性能が高い家ほど、寒い時期も快適に過ごせることがわかります。

光熱費の違い

次に、断熱レベルによって光熱費がどの程度変わってくるのか、R+houseの想定データをもとにご説明します。

6地域における年間の暖房費・冷房費 

※冷房期:外付けブラインドがない場合
冷暖房費 表
省エネ基準を満たす家とHEAT20 G2レベルを満たす家では、年間で暖房費12,927円、冷房費5,043円、トータルで17,970円の差が出ます。つまり、HEAT20 G2レベルを満たす家は、光熱費を10年間で179,700円、30年間で539,100円節約できることになります。ガスを使う家では、電気料金だけでなくガス料金も節約できるでしょう。

なお、ZEH基準を満たす家の室温や光熱費に関するデータはありませんが、概ね省エネ基準・HEAT20 G1レベルの間くらいであるといえます。

光熱費を抑えつつ快適に暮らしたい場合は、HEAT20 G2レベルの家づくりをするのがおすすめです。

千葉市(緑区・若葉区)・市原市の地域情報

市原市の空撮
千葉市(緑区・若葉区)・市原市は、東京湾岸地域に属しています。夏は真夏日や熱帯夜となる日が多く、冬でも比較的温暖で0℃を下回ることはほとんどありません。また、春・秋も比較的暖かいエリアです。なお、2020年のデータによると、千葉市の日照時間は1,946時間と長く、年平均気温は16.2℃です。気温については、16.3℃の館山市に次いで県内2位となっています。

このように千葉市(緑区・若葉区)・市原市の夏は暑くなることから、断熱性を重視した家づくりがおすすめです。

注文住宅のことなら大金興業×R+house千葉若葉・緑へ

縁側から続く庭がある白い外観のお家
千葉市(緑区・若葉区)・市原市で家づくりをするときに求められるUA値について、くわしくご説明しました。1年を通して快適に、光熱費を節約しつつ生活していくためにはHEAT20 G2レベル、つまりUA値0.46以下の家を建てるのがおすすめです。

大金興業は、リーズナブルな高性能住宅をご提供している工務店です。個別相談会や見学会などのさまざまなイベントを行っていますので、お気軽にご相談ください。

>>光熱費を抑えた高性能な注文住宅を建てるならこちら!
木目のリビングとタイル床の階段
#千葉県千葉市緑区 #千葉県千葉市若葉区 #千葉県市原市#省エネ住宅 #注文住宅 #新築 #高断熱 #ZEH #HEAT20 G2 #HEAT20 G3 #家づくりの基礎知識 #性能

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

大金興業株式会社×R+house千葉若葉・緑の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.03.29

建ぺい率と容積率は土地探しの基本!千葉市内でもエリアごとの違いがあるので要注意な建築制限

大金興業株式会社×R+house千葉若葉・緑の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.03.15

そのままでは家を建てられない土地もある!市街化区域と市街化調整区域との違いを知る!

大金興業株式会社×R+house千葉若葉・緑の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.02.23

千葉市緑区・若葉区の幼稚園・保育園事情を紹介!家を建てるのにおすすめのエリアは?

大金興業株式会社×R+house千葉若葉・緑の家づくり写真
お金
2024.02.20

千葉市緑区・若葉区の補助金制度を解説!新築住宅を建てる際に役立つ情報をご紹介します

前へ
千葉市若葉区で家を建てよう!都賀(つが)駅周辺ってどんなところ?
市原市ちはら台で家を建てたい! ちはら台ってどんなところ?
次へ
千葉市若葉区で家を建てよう!都賀(つが)駅周辺ってどんなところ?
市原市ちはら台で家を建てたい! ちはら台ってどんなところ?

おすすめの施工事例
こだわりの注文住宅事例をご紹介します

お客様の声
いただいたお客様の声を紹介します。

大金興業株式会社×R+house千葉若葉・緑の家づくり写真
K様
千葉県千葉市緑区
願いを最大限に盛り込んでくれました
建築家の先生からご提示いただいた間取りを見てまずビックリとしたのは、土地に対して斜めに建物を配置していたこと。私たちでしたら道路に対して平行に建物を置いてしまうのですが、織田先生からのご説明を聞いていく...
大金興業株式会社×R+house千葉若葉・緑の家づくり写真
K様
千葉県千葉市緑区
願いを最大限に盛り込んでくれました
建築家の先生からご提示いただいた間取りを見てまずビックリとしたのは、土地に対して斜めに建物を配置していたこと。私たちでしたら道路に対して平行に建物を置いてしまうのですが、織田先生からのご説明を聞いていく...
続きをみる
お客様の声
O様
千葉県千葉市稲毛区
エアコンの効きが良い事に感動
◆ハウスメーカーが数多くある中、R+house千葉若葉・緑(大金興業株式会社)に決めた理由を教えて下さい。
良心的な価格と親しみやすいアットホームな営業担当の方々。設備などの選択肢の多さ。そして、土地...
お客様の声
O様
千葉県千葉市稲毛区
エアコンの効きが良い事に感動
◆ハウスメーカーが数多くある中、R+house千葉若葉・緑(大金興業株式会社)に決めた理由を教えて下さい。
良心的な価格と親しみやすいアットホームな営業担当の方々。設備などの選択肢の多さ。そして、土地...
続きをみる

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

地震で揺れる家やビル

高耐震の家 耐震等級3を標準仕様に

家づくりを考える際、理想の暮らしを想像しながらどんな家にしたいかをイメージすると思います。間取りや住宅設備の事を考がえるのは楽しいものですが、快適な暮らしの実現には、安心・安全につていも考慮する必要があります。地震大国の日本だからこそ、地震のリスクに備えておかなければなりません。R+house千葉若葉・緑では「耐震等級3」の高耐震住宅を標準としており、大きな地震や自然災害でも倒れない、丈夫な家づくりを提供します。
メンテナンス

アフターサポート

充実のロングサポートで、ご家族の暮らしを末永く守ります。建築中のお施主様に安心しておうちづくりを進めていただけるように、「完成保証サービス」を、また、お引き渡し後も長く快適に暮らせるように、R+house千葉若葉・緑では60年間にわたって家を守るアフターサポートプログラムを備えています。定期点検やメンテナンスなど、充実のメニューが揃っています。
コスパのいい家

注文住宅でもコストを抑えられる

安くていい家に住みたい! 誰もがそう思っている事と思います。しかし安いことへの品質の不安、こんなに安くて本当に大丈夫?など、モヤモヤが残るのではないでしょうか? R+house千葉若葉・緑では高気密、高断熱、高耐震をベースにした高性能住宅を手の届く価格でご提供するために、建築家と工務店が連携しコストを極力抑えながら、お客様に満足いただける住宅をご提案しています。無駄なコストを省く事が一番大事! そのために、R+house千葉若葉・緑は様々な工夫を施しています。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

ルームツアー公開中
Youtubeで公開している動画をご紹介します。

大金興業株式会社×R+house千葉若葉・緑の家づくり写真
おしゃれな注文住宅の写真を紹介します

大金興業株式会社×R+house千葉若葉・緑の家づくり写真

お問合せ
注文住宅のご相談・お問い合わせはこちら

R+house千葉若葉・緑
住所
千葉県千葉市緑区誉田町3-76-43
営業時間
08:30~17:00