千葉市で建築家と建てる高性能な注文住宅
カタログを<br>請求する

カタログを
請求する

イベントの<br>予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの<br>相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

カタログを<br>請求する

カタログを
請求する

イベントの<br>予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの<br>相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

高気密・高断熱な注文住宅
千葉市でおしゃれな注文住宅を建てるなら、R+house千葉若葉・緑へお任せください

青空の下、パパママと手をつなぐ子供
R+house千葉若葉・緑の住宅は「高気密・高断熱・計画換気・高耐震」にとことんこだわっています。“夏は涼しく、冬は暖かい家”を叶えるためには、外の暑さや寒さの影響を部屋の中に与えないことが大切なポイント。そして、高断熱な住宅をより快適な状態で長持ちさせるために、一般的に高気密とされる気密性能値を大きく上回る家づくりを実現させています。また、耐震等級3を標準仕様とし、地震に強い家を実現しています。


快適な暮らしい必要な高気密、高断熱、計画換気のバランスを表した絵

光熱費にも関係する高気密な家づくりって?

気密性の高い家とは?

住宅の隙間をなくし、室内と外の空気の出入りを少なくした状態の事を言います。気密性の高い家=隙間のない家を意味します。一方で気密性の低い家だと、どうなるでしょうか。気密が悪いということは家に隙間がある状態なので、外気温の影響を受けやすくなります。せっかくエアコンを使って室内を快適にしても、その隙間から逃げてしまいます。その結果、気密が悪い家は「夏は暑くて、冬は寒い」ということになり、光熱費にも影響を与えてしまいます。
また、最近は全国的に黄砂による被害も出ていますが、千葉にも例年黄砂が飛んできています。ぜんそくの方にとっては特に室内への侵入を防ぎたいモノ。気密性が高い家では極力侵入を防ぐことができます。

高気密の指標となる「C値」

住宅の気密性は「C値」という実際に測る指標で表されます。C値は床面積1㎡あたりの隙間面積(㎠)で示され、数字がゼロに近いほど隙間の少ない“高気密な家”になります。これまでの日本の目標は5.0(㎠/㎡)。それに対してR+house千葉若葉・緑の標準は、1.0(㎠/㎡)以下であり、弊社は社内基準として0.5(㎠/㎡)以下を目指しています。
よりわかりやすく言うと、C値1.0(c㎡/㎡)の住宅では家全体の隙間がハガキ1枚分に相当します。C値0.5(c㎡/㎡)以下を目指している弊社では、ハガキ半分以下の隙間を実現しています。
弊社の施工事例としては、直近で建築させていたいただいたお住まいでは0.2(㎠/㎡)という数字をだすことができました。
C値の比較

R+house千葉若葉・緑の家づくりでは「C値」を測定する「気密測定」を全棟で実施しています。

気密測定中

寒い冬も快適に過ごせる高断熱住宅

快適な暮らしを実現させるためには、夏は涼しく、冬は暖かい住宅が必須です。家中の温度差がほぼなく、どこにいても快適な家が理想です。そのためには、室内の熱を逃がさない工夫が必要であり、それができるのが断熱性の高い家となります。

千葉は温暖な気候の土地と言われていますが、住んでいてわかるのはやっぱり「千葉でも冬は寒い」ということ。体感的な話しですが千葉市中央区と緑区では、冬の寒さは2~3度くらい違うように感じます。房総半島は山が無いと言われていますが、内房と外房との中間地点は千葉県の中では標高が高いため気温差が生じているようです。(千葉市中央区で雪が降っていなくても、緑区の誉田駅、土気駅付近で降っていることもあります)

高断熱・耐震性・防火性能に優れた「R+パネル」

「R+パネル」の特徴

「R+パネル」は、MDF合板とフェノールフォーム断熱材を組み合わせた、オリジナル高性能断熱パネルです。
断熱性能が高く、湿気に強いので経年劣化しにくいメリットがあります。R+houseは「面」全体を支えることのできる「パネル工法」なので、かかる力が分散され横からの衝撃にも耐えられます。また壁倍率2.5倍という強度を持ち、2×4工法と同等の高強度を発揮するとともに防火性能にも優れています。
R+パネルの特徴

高断熱の指標となる「UA値」

住宅の断熱性は「UA値」という指標で表されます。この数字が⼩さいほど熱が逃げにくい“⾼断熱な家”になります。R+house千葉若葉・緑のUA値は、⽇本の断熱化基準である「省エネ基準」(4〜6地域=東北の⼀部〜九州の⼀部での等級4)を⼤きく上回っています。この数字が⼩さいほど熱が逃げにくい“⾼断熱な家”になります。今、電力事情が悪い中、特に冬場の電気料金に直結する断熱性能はもはや無視できない状況。住まいの性能を上げる高断熱住宅は基本項目な時代になったといっても良いでしょう。

HEAT20 G2グレードが標準仕様

R+house千葉若葉・緑では国の基準や長期優良住宅の基準をはるかに上回る全国トップクラスの断熱性能HEAT20 G2グレードを標準仕様としています。
断熱性能がよいと、暖冷房費を抑えられ、また一年中快適に過ごすことができます。

計画換気で新鮮な空気の循環を

「快適暮らし」には、空気の流れも重要です。必要な量の新鮮は空気を取り入れ、汚れた空気を排出する「計画換気」が有効です。では、計画換気ができていない住宅には、どのようなリスクがあるでしょうか。
・臭いなどが室内に残る
・新鮮な空気が室内に入りにくい
・室内が結露しやすくなる
汚れた空気
R+house千葉若葉・緑では、第3種ダクト式24時間換気システム「ルフロ®400」を標準仕様として採用しています。住宅の断熱性や気密性が上がることにより室内の空気がこもりやすくなるため、換気設備を利用して家中の空気の流れを良くし換気する事が大事です。また換気する事により、カビや結露の原因となる湿気も排出します。

耐震等級3の高耐震な注文住宅 

建築士の厳密なチェック

R+house千葉若葉・緑のすべての住宅は、構造専門の建築士が、その耐震性をさまざまな角度から厳密にチェックしています。また弊社では耐震性能3等級が標準仕様となっています。耐震等級3とは、震度6強~7レベルの1.5倍の力に対して、倒壊・崩壊しないような強度を求められます。災害時の救護活動の拠点となる警察署や消防署などの建物の基準にもなっています。 

 
構造計算
場所によって土地の地震に対する強さ弱さがバラバラ

千葉市は東京湾に面している美浜区・中央区、そして面していない稲毛区・若葉区・緑区とに分かれており、それぞれ土地の成り立ちが全く別物となっています。地震に対する強さもバラバラなため、耐震性を考慮する場合は土地探しの時から考えていかなければいけません。また地域によっては造成された土地も多いため、もともと崖や田んぼだった土地については十分な検討をし、建物の耐震性能を上げるだけでなく地盤改良も含めた予算計画をしておくと安心かと思います。
>>R+house千葉若葉・緑が届ける高耐震な注文住宅について詳しく見る
#リノベーション
#建築家
#注文住宅
#新築
#リフォーム
#おしゃれ
#高気密
#高耐震
#高断熱

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

コスパのいい家

注文住宅でもコストを抑えられる

安くていい家に住みたい! 誰もがそう思っている事と思います。しかし安いことへの品質の不安、こんなに安くて本当に大丈夫?など、モヤモヤが残るのではないでしょうか? R+house千葉若葉・緑では高気密、高断熱、高耐震をベースにした高性能住宅を手の届く価格でご提供するために、建築家と工務店が連携しコストを極力抑えながら、お客様に満足いただける住宅をご提案しています。無駄なコストを省く事が一番大事! そのために、R+house千葉若葉・緑は様々な工夫を施しています。
大工さん

職人さんとの信頼関係

職人さんとの連携はお家づくりに不可欠です。お互いに協力しあい、良い家づくりを。
地震で揺れる家やビル

耐震等級3で地震に強い家

家づくりを考える際、理想の暮らしを想像しながらどんな家にしたいかをイメージすると思います。間取りや住宅設備の事を考がえるのは楽しいものですが、快適な暮らしの実現には、安心・安全につていも考慮する必要があります。地震大国の日本だからこそ、地震のリスクに備えておかなければなりません。R+house千葉若葉・緑では「耐震等級3」の高耐震住宅を標準としており、大きな地震や自然災害でも倒れない、丈夫な家づくりを提供します。
不動産業

土地探しのパートナーとして

土地選びは家づくりの第一歩。重視すべきポイントや基準をお伝えします。
メンテナンス

アフターサポート

充実のロングサポートで、ご家族の暮らしを末永く守ります。建築中のお施主様に安心しておうちづくりを進めていただけるように、「完成保証サービス」を、また、お引き渡し後も長く快適に暮らせるように、R+house千葉若葉・緑では60年間にわたって家を守るアフターサポートプログラムを備えています。定期点検やメンテナンスなど、充実のメニューが揃っています。
ローン相談

失敗させない資金計画相談(FP)

お家づくりを行う上で資金計画はとても重要です。これから住宅を検討される方にはFPシミュレーションを行うことを強くお勧めいたします。弊社では、シミュレーションソフトを使用しお客様の一生の資金計画を見越す(見直す)お手伝いをさせていただいております。
緩やかな斜面に建つモスグリーンの家、一部木板貼りで温かみのある家

長期優良住宅(標準仕様)

R+house千葉若葉・緑は、長期にわたってみなさまに安心・快適に住み続けられるお家づくりをご提供させていただくため、国が定めた「長期優良住宅認定制度」の基準をクリアした住宅である「長期優良住宅」を標準仕様とさせていただいております。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめの施工事例
こだわりの注文住宅事例をご紹介します

お客様の声
いただいたお客様の声を紹介します。

大金興業株式会社×R+house千葉若葉・緑の家づくり写真
K様
千葉県千葉市緑区
願いを最大限に盛り込んでくれました
建築家の先生からご提示いただいた間取りを見てまずビックリとしたのは、土地に対して斜めに建物を配置していたこと。私たちでしたら道路に対して平行に建物を置いてしまうのですが、織田先生からのご説明を聞いていく...
大金興業株式会社×R+house千葉若葉・緑の家づくり写真
K様
千葉県千葉市緑区
願いを最大限に盛り込んでくれました
建築家の先生からご提示いただいた間取りを見てまずビックリとしたのは、土地に対して斜めに建物を配置していたこと。私たちでしたら道路に対して平行に建物を置いてしまうのですが、織田先生からのご説明を聞いていく...
続きをみる
お客様の声
O様
千葉県千葉市稲毛区
エアコンの効きが良い事に感動
◆ハウスメーカーが数多くある中、R+house千葉若葉・緑(大金興業株式会社)に決めた理由を教えて下さい。
良心的な価格と親しみやすいアットホームな営業担当の方々。設備などの選択肢の多さ。そして、土地...
お客様の声
O様
千葉県千葉市稲毛区
エアコンの効きが良い事に感動
◆ハウスメーカーが数多くある中、R+house千葉若葉・緑(大金興業株式会社)に決めた理由を教えて下さい。
良心的な価格と親しみやすいアットホームな営業担当の方々。設備などの選択肢の多さ。そして、土地...
続きをみる

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

知っておきたい 家づくりの流れ ~注文住宅ができるまで~
私たちの知っておきたい 家づくりの流れ ~注文住宅ができるまで~をご紹介します。

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

お金
2024.02.09

住宅ローンの金利タイプをご紹介 金利の種類とメリット・デメリットを知ろう

お金
2024.01.16

市原市「ちはら台」ってどうなの?環境と住みやすさ、土地の相場と家づくり予算の話

家づくりノウハウ
2024.02.23

千葉市緑区・若葉区の幼稚園・保育園事情を紹介!家を建てるのにおすすめのエリアは?

お金
2024.02.20

千葉市緑区・若葉区の補助金制度を解説!新築住宅を建てる際に役立つ情報をご紹介します

お問合せ
注文住宅のご相談・お問い合わせはこちら

R+house千葉若葉・緑
住所
千葉県千葉市緑区誉田町3-76-43
営業時間
08:30~17:00