千葉市で建築家と建てる高性能な注文住宅
TOP
強み
商品
イベント
コラム
カタログを<br>請求する

カタログを
請求する

イベントの<br>予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの<br>相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

カタログを<br>請求する

カタログを
請求する

イベントの<br>予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの<br>相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

家づくりノウハウ
公開日:2022.11.25
最終更新日:2022.11.25

モデルハウス 着工しています

工事現場
モデルハウス 着工しています
R+house千葉若葉・緑店のお役立ち記事「モデルハウス 着工しています」の詳細ページです。 R+house千葉若葉・緑店は千葉市・市原がエリアの注文住宅を手がけております。住まいづくりのご検討をしていましたら、お気軽にお問い合わせください。

目次

R+house千葉若葉・緑の大野朝香です。
大きな台風が次々とやってきたためになかなか工事が進まなかったのですが
やっとモデルハウスが着工し、柱をたてるところまで来ました。
基礎工事

R+houseの家

R+houseの家の特徴は、何と言っても「高気密・高断熱」

それらを作り上げるための重要な工程として、非常に地味な作業なのですが、「熱橋(ねっきょう)の処理」というものがあります。
木材
画像をご覧になるとわかると思いますが、
木材のところどころに白っぽいペンキのようなものが塗られた箇所が見られます。
これはペンキではなく、構造部同士を接合する金具部分をウレタンフォームなどの断熱材料で覆った跡なんです。

高断熱の家づくりのために

木そのものには断熱性があるのですが、金具(金属)は暑さ寒さを非常に伝達しやすい素材です。

この金属部分を覆わずに、そのまま外壁を張ってしまうと、金属部分が熱を伝える橋となって、屋外の暑さ寒さを室内に連れてきてしまったり、逆に室内で快適になった室温を外へ逃がしてしまったりするのです。
(だから熱橋と言うんですね)
建物のあちこちにある、外部に面する金属部分を隅から隅まで点検して、ウレタンなどで断熱施工するという、この細かい作業が高断熱の家であるためにとても重要なのですね!
※構造見学会を11月15(土)、16日(日)9:30~16:30に予定をしております。
お気軽にお問い合わせくださり、ぜひご来場いただければ幸いです。
#家づくりの基礎知識 #性能 #省エネ住宅 #注文住宅
モデルハウス 只今基礎を作っています
モデルハウス 高性能断熱パネルを入れました
コラム/ブログ一覧へ戻る

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

家づくりノウハウ
2023.11.25

千葉市緑区・若葉区の住みやすさは?都心へのアクセスや交通量の多い国道、住まいづくりのポイント

暮らしのポイント
2023.11.10

千葉市緑区あすみが丘・土気駅周辺の土地相場と今後の展望は?土地選びから家づくりを考える。

お金
2023.11.10

千葉市緑区・若葉区で受けられる新築住宅の補助金制度を詳しく解説

暮らしのポイント
2023.10.24

子どもを連れて千葉市動物公園へ行ってみよう!

おすすめの施工事例
こだわりの理想のマイホームをご紹介します。

お客様の声
いただいたお客様の声を紹介します。

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。