千葉市で建築家と建てる高性能な注文住宅
TOP
カタログを請求する
カタログを
請求する
イベントの予約をする
イベントの
予約をする
家づくりの相談をする
家づくりの
相談をする
カタログを請求する
カタログを
請求する
イベントの予約をする
イベントの
予約をする
家づくりの相談をする
家づくりの
相談をする

千葉市緑区で平屋を建てるならR+house

木板貼りの外観 芝生
最近大人気の「平屋」。家族の存在をどこにいても感じられる、そして自分たちの足腰が弱くなったと考えても使い心地が良いところが選ばれています。敷地は2F建てよりある程度広い面積が必要となりますが、建築家のアイデアでお客様のご要望とその土地の良さを生かした平屋をご提案します。

R+houseで建てる家とは

”デザイン性”と”機能性”を高水準で両立する理想の住宅

「いつかこんな家に住みたい」と思うような理想の住宅を、手の届く価格で実現する。それがR+hosueの家づくりです。

~お客様の理想をカタチにするために~

そのような理想をカタチにするのに欠かせないのが、建築家の存在です。R+houseの建築家は、お客様それぞれのライフスタイルや価値観を表現した空間デザインをご提案します。将来の暮らしまで見据えた、生活にフィットするマイホームをつくり上げます。
建築家と聞くと設計料が高くなりそう・・・と、躊躇されるお客様も中にはいらっしゃるかもしれません。R+houseでは、建築家との家づくりの流れを可能な限りシンプルにすることで、こうした悩みを解決しています。
R+houseについて詳しく知りたい方はこちらから

理想の平屋を実現するR+house千葉若葉・緑

実はここ数年、平屋住宅が人気です。平屋住宅を建てるには、ある程度の広さの土地が必要です。しかし狭小地や変形地など一般的に住宅が建てにくい土地であっても、建築家なら上手に土地を活用した設計をしてくれます。こんな家に住みたい! これだけは譲れない! 無理そうならこれは諦めてもいいかな・・・ など建築家があなたのご要望を丁寧にヒアリングし、その家に住む人のライフスタイルに合った家をデザインしてくれるのです。もちろん、あなただけのオンリーワンのデザインの家となります。まずは、あなたの理想の家のイメージをお聞かせ下さい。建築家があなたの夢を叶えるお手伝いをいたします。

平屋住宅の暮らしやすさ

開放感のある空間設計

土地が小さめでも平屋を建てたい!でも窮屈な家だともったいないですよね。片流れ屋根で天井を高くしたり、大きな窓を入れて開口部を広げ明るさを取り入れたり、部屋の仕切りを極力減らすなど、開放感のある空間設計が可能です。ロフトやスキップフロアを取り入れてみるのも良いと思います。また、リビングの窓から見える庭を充実させたり、ウッドデッキを設けたりすることで外との繋がりができ、より開放的な広さを感じることができます。ワンフロアだからこそできる回遊性のある間取り、そして生活に寄り添う考え抜かれた家事動線をご提案致します。

ロフトのある部屋、赤がアクセントのキッチンとソファ

家族とのつながり

一つのフロアに全ての生活空間が収まる平屋、家族で顔を合わせる機会が多くなり、自然とコミュニケーションが取れるのがメリットの一つと言えます。平屋のお家は家族が集まるリビングが中心となる間取りが多いので、家族で過ごす時間を大切にしたい方にお勧めです。いつでも家族の気配を感じられる安心感や小さいお子様にも目が行き届くのが嬉しいですね。
家族4人、リビングでのんびりお茶をしている

将来を考えて~バリアフリーな間取り~

せっかくの平屋なので、老後も快適&便利に暮らせる間取りを考慮すると良いでしょう。1階のみでアップダウン(階段)がないため、高齢になっても安心して長く住み続けられます。キッチンや洗面所では立って過ごす時間が長いため、老後を見据え、座って利用できたり椅子を使う事を想定しスペースを確保すると良いかもしれません。また階段がないため、デッドスペースが少ないので空間を有効に活用できます。
かわいいおじいちゃんとおばあちゃんの画像

安心、そして安全な構造

地震と台風に強い構造

平屋は耐震性が高く、強風にも強いと言われています。2階建て住宅と比較して、平屋の方が地震や台風に強い理由を2つご紹介します。

・シンプルな構造

2階建てや3階建ての家に比べ、平屋は1階建てなので揺れにくいです。また、建物が四角形に近いほど、地震の際に発生する振動が分散し、柱が家を支えて倒壊の危険性を下げてくれます。建物が複雑な構造であれば振動により生まれるエネルギーが一点に集中するリスクがあり、倒壊の危険性が高くなります。

・建物の高さが低く、軽い平屋

建物の高さと重量も耐震性に大きく関係します。平屋は建物の高さが低く、2階建ての家より軽いため振動の影響が少なく建物への負担が軽減されるのです。また高さが低いことで、台風などの強風の影響を受けにくくなります。建物が低いということは、風を受ける面積が小さいので、風の抵抗も受けにくいのです。
このように、平屋住宅は地震や台風に強い傾向があり、その災害への強さが理由で選ばれるケースも増えています。

平屋の防犯対策

平屋の生活は全てが1階ですので、防犯面に不安を感じると思います。もちろん2階建てだから大丈夫とは言い切れませんが、平屋の場合はどの部屋にも外部から容易に近づける環境にあります。だからこそ、平屋でもよりしっかりとした防犯対策をとっておきたいですね。センサーライトで侵入者にプレッシャーを与えたり、二重窓でガラス破りを手こずらせるような、窓廻りの防犯対策を強化すると良いでしょう。
マイホームを犯罪から守るべく、両手で囲う画像

平屋住宅を建てる際の注意点

平屋にはたくさんのメリットがあることは、おわかりいただけと思いますが、平屋を建てる際に気をつけなければならないこともあります。
平屋住宅を新築する時に気を付けたいポイントをお伝えします。

ある程度の広さの敷地が必要になる

部屋数や家の広さを確保したいのであれば、平屋住宅の場合は家の面積が増えることになります。なぜなら2階がない分、全てを1階に収めないとならないからです。建ぺい率を考慮すると、ある程度の広さの敷地が必要になります。目安としては、2人世帯は20坪からが広さの水準となっています。23坪くらいあると広いリビングのある2LDKや一般的な3LDKとなります。また、3~4人世帯でゆったり住める広さの目安は30坪くらいとなっています。お子様が将来自分の部屋を持ちたいとなると、3LDKや4LDKまたは5LDK等、30坪あれば実現できそうです。すでに土地をお持ちの方や、土地にかかる費用を抑えたい方が平屋を新築するなら、家が多少狭くなることは頭に入れておくといいでしょう。

防犯面での対策が必要

1階に窓が多い平屋では、外からの視線が気になると思います。外から生活の様子を伺いやすく、侵入しやすい経路も多いことから、防犯対策をしっかりする必要があります。

日当たりを確保しづらい

2階がないのであれば、むしろ日光が入りやすいのでは?と思いませんか? しかし屋根があるのです。建物の面積が広くなるほど、家の中央部分には光が届きづらくなってしまいます。日当たりをどう確保するかは、建築家がその土地を上手に読んで設計してくれます。

意外と安くない

2階がないため、平屋は安く建てられるイメージがある方もいるかもしれませんが、意外と安くはありません。広い土地が必要になれば土地代が高くなったり、家の面積が増えれば基礎部分や屋根の面積も増えるので、2階建て住宅にはかかならない費用がかかったりします。もちろん工夫すればコストを抑えることは十分可能ですので、建築家に相談してみましょう。

水害には弱い

平屋は地震や台風に強いとお伝えしましたが、水害には弱いです。1階しかない平屋で床上浸水が起これば、逃げ場がありません。家財も全て1階に置くことになるので、ほぼ全ての家具や家電が被害を受けることになります。
平屋をご希望の方は、なるべく高台にある土地や、海・川から離れた土地を選ぶといいでしょう。

R+houseで建てる平屋の施工例

広い敷地にゆったりと配置した平屋


#平屋
#建築家
#外構
#庭
#注文住宅
#新築
#R+house
#開放感あり
#バリアフリー
商品一覧へ戻る

おすすめの商品

おすすめのイベント

強み

おすすめの事例

おすすめコラム

無料の"個別相談"をほぼ毎日開催
「お金はどれくらいかかるの?」「どんな土地を探せばいいの?」など、家づくりに関する気になることやお悩みは、まずは何でもお気軽にご相談ください!住宅のプロが丁寧にお応えいたします。

営業時間 平日8:30~17:00(土日祝日不定期※完全予約制)